目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】

誰でも起こり得る目の症状

女性

冷静に向き合おう

老眼は、みなさんがよくご存知のように年齢を重ねていったとき出てくる目の症状のひとつです。近くのものが見えにくく感じられたりすることなどからはじまり、多くの場合少しずつ進行していきます。老視や調節障害などとも呼ばれることがあります。この症状は生きている限り、基本的にどなたも避けて通ることはできないものです。老眼の初期症状は一般的に40歳前後や45歳前後ぐらいからあらわれることが多いですが個人差も大きく、30代から症状が出てきたり、50代以降に発症したりすることもあります。また、現代生活のせいか20代から老眼の初期症状を訴える方もいると言われ、若い頃から症状が進むことが問題視されるようになっています。目のなかでレンズのような役割をする水晶体などの機能が低下することで起こるのが老眼の初期症状です。調節障害とも呼ばれていることでわかる通り、水晶体が硬くなるなどして目の調節機能が弱くなった状態です。老眼の初期症状としては、夕方にものが見えにくいと感じる、薄暗いところで細かい文字が見えにくい、小さな文字を目から離して見るようになった、その他、目のピント合わせに前より時間がかかる、長い時間車を運転した後で近くが見えにくいなどが挙げられます。目が疲れるためか肩が凝ったり頭が痛む場合もあります。老眼の原因は何といっても加齢です。歳をとることで、目のなかの水晶体を膨らませたりしてピント調節を行う毛様体という筋が弱ったり、水晶体自体の弾力性が低下することが大きな理由と考えられています。老眼鏡を使ったり眼鏡を遠近両用にかえたりするなどして目の負担をなるべく減らしましょう。もうひとつの原因は目の使い過ぎです。スマホなどを長い時間見続けたり、長時間の読書でも老眼と同じような症状になることがあります。この場合は今では眼科受診が推奨されています。もちろん通常の老眼でも異変を感じたら早めに眼科を受診しましょう。

Copyright© 2019 目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】 All Rights Reserved.