目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】

目に良い栄養素を摂取する

メガネと書物

紫外線を避ける

老眼は、初期症状が現れたら進行するのみで、改善することはないとされていました。しかし、最近話題になっているのが100円ショップの老眼鏡で改善する方法で、即効性のある方法だと人気を集めています。やり方はとても簡単で、+2度の老眼鏡をかけて、遠くをぼんやり眺めるだけです。1日1回、5分間だけ眺めればよいのです。度の合わない老眼鏡をかけてピントの合わない状態を作り出し、毛様体筋をゆるめてピントの調整力を高めます。毎日続けて行うことで、確実に視力が回復できると評判です。また、この方法は老眼だけでなく、近眼にも効果があるとされています。老眼の初期症状は、小さい文字が見えにくいだけでなく、暗い所で見えにくい、目が疲れやすいなどの症状もあげられます。ただの疲れ目だと軽く考え、放置している人も多いようです。初期症状のうちに気付き素早く対処すると、それ以上進行が進むのを止めるだけでなく、老眼の症状を解消することも可能です。30代から初期症状が現れる人もいるので、少しおかしいと感じたら、老眼を疑ってみることも大切です。また、目に良い栄養素を摂取するのも、老眼を改善するのに役立ちます。おすすめの成分としては、ルテイン、アスタキサンチン、ビタミンB1などがあげられます。緑黄色野菜や、サケ、イクラなどから摂取できます。紫外線も老眼を進行させる原因なので、外出する時はUV効果のあるサングラスをかけるようにしましょう。

Copyright© 2019 目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】 All Rights Reserved.