目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】

一般的に40代から始まる

女性

近眼でも症状は現れる

誰しも老眼になるのは老いを突き付けられているようで認めたがらず、初期症状が現れても放置している人もいるようです。老眼の初期症状は本やスマホの文字が見にくくなったり、細かい文字を読んでから遠くを見るとピントが合うまでに時間がかかったりなどがあげられます。一般的に初期症状が現れるのは40代からですが、スマホやパソコンを使う時間が長い人は、30代半ばで現れることもあります。また、近眼の人は老眼にならないという迷信もありますが、近眼だからといって老眼が避けられるわけではありません。しかし、近眼でも眼鏡をかけていない人は、常にピントが近くにあっている状態なので、老眼の症状を感じにくいことはあります。初期症状を感じたらどのような処置をとればよいかというと、まずは眼科で診察を受けることです。きちんと検査を受けることで、視力低下の原因が老眼であるのか、別の要因があるのかを知ることができます。老眼だと判明したら、自分に合った老眼鏡をつくりましょう。眼鏡に抵抗がある人は、コンタクトレンズもあります。また、近眼の人は、遠近両用メガネにするのがおすすめです。また、メガネやコンタクトレンズを作ったからといって安心せず、目に優しい環境をつくるのも大事です。特に照明は大切で、部屋の中を均一の明るさにするよう心掛けましょう。6畳の広さなら、80ワットから100ワットが最適です。電球よりも、安定した蛍光灯の灯りの方が目に負担が少なくなります。

Copyright© 2019 目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】 All Rights Reserved.