目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】

メガネと書物

加齢にともない起こる

年齢とともに近くのものや細かい文字が読みにくくなったら、老眼の初期症状である可能性があります。ほとんどの場合は、40代になった頃から始まり、新聞や文庫本などを読むのに不便を感じるなどの自覚症状が現れるので、目安にすると良いでしょう。

水晶体が硬くなる

老眼

ピント調整の組織が緩む

老眼の初期症状は、小さい文字が読みにくくなったり、スマホにピントが合わせにくくなったり、本などの文字を読んですぐに遠くを見るとしばらくぼやけて見えたりなど、今まで普通に見えていたものが見辛くなることから始まります。どうして老眼が起こるかというと、年齢により水晶体が硬くなり、ピントを合わせるための組織もゆるんでしまい、水晶体の厚さが変えられなくなるからです。人間の目は、水晶体の厚みを変えることで近くと遠くにピントを合わせていますが、それができなくなってしまいます。では、初期症状を感じたときに何らかの処置をとれば改善するのかというと、残念ながら老眼を改善する方法はありません。しかし、老眼を放置していると眼精疲労が重なり頭痛がしたり、吐き気がしたり、肩こりに悩まされたりなど、体に不調が現れることがあります。そのため、初期症状を感じたら眼科で診断を受け適切な老眼鏡をつくるのが良いでしょう。なぜ眼科に行く必要があるのかというと、まれに老眼ではなく別の原因で視力が落ちていることがあるからです。自己判断ではなく、医師にしっかり診断してもらうのが賢明です。初期症状を感じているのに老眼鏡を作らない人の中には、老眼鏡をかけると老眼が進むという都市伝説を信じている人もいるようです。しかし、そのようなことは一切ないので、体調不良を起こさないためにも眼鏡を作りましょう。目に負担を掛けない環境をつくることが大切です。

ファンケル

今や若年層にも広がっています!こちらのサイトで老眼の初期症状を知って早めに対応しましょう。

女性

一般的に40代から始まる

老眼の初期症状が現れても、老いを認めたくなくて放置する人もいますが、他の病気の可能性もあるので眼科で診察を受けるのが賢明です。一般的には40代から初期症状が現れますが、スマホやパソコンを触る機会が多い人は30代半ばから始まることもあります。

女性

誰でも起こり得る目の症状

老眼は老視、調節障害などとも呼ばれる目の症状です。初期症状で一般的なのは近くのものが見えにくいなどです。スマホなどで目を使い過ぎても老眼の症状が出ることがあります。老眼鏡などを活用し、進行が早いなど異変を感じたら早めに眼科を受診しましょう。

メガネと書物

目に良い栄養素を摂取する

老眼の初期症状を改善するには、度の強い老眼鏡をかけ、遠くを5分間眺めるのが効果的です。また、ルテインやアスタキサンチン、ビタミンB1などの目に良い栄養素を積極的に摂取したり、紫外線を避けるためにサングラスをかけたりするのも有効です。

老眼

誰もが経験する目の衰え

老眼の初期症状は、早い人で30歳前後から出て来ますが多くの人は40歳を過ぎた頃から感じるようになります。細かな字が見えにくくなり、焦点も合わせにくくなって来ます。老眼とは誰もが経験する体の衰えであり、病気ではありません。

Copyright© 2019 目の病気について知っておく【初期症状を感じたら眼科で診断!】 All Rights Reserved.